【コンタルディ】に合うレシピ 【むかごご飯】
line1

先日友人宅でむかごごはんをご馳走になり、

 

 今更ですが…むかごの美味しさに目覚めてしまいました!

 

 今回私なりに少々アレンジし、初チャレンジです。

 

 

 【むかごご飯】

 ≪材料≫

 米 3合

 むかご 1パック(200グラム位)

 ブイヨン 3個(小さいキューブの某メーカーの場合…)

 お酒 大さじ2位

 黒糖 小さじ2位(黒糖が無い場合は、入れなくても可。)

 塩 (なくても可。好みの塩加減で。)

 オリーブオイル 大さじ1位 (今回は、コンタルディを使用。)

コンタルディのの詳細はこちらから↓↓ご覧頂けます。

https://www.kamakura-nobuya.jp/2018/10/19/1746/

 

 ①むかごをきれいに洗い、水にしばらく浸けた後にザルに上げ水気を切る。

 (すり鉢のデコボコに、こすり洗いがいいとネットで見たのですが、

 ウチには大きなすり鉢がないので、ザルでゴロゴロしました。)

 

 ②米を研ぎ、水に30分程度つける。

 

 ③炊飯器にお米、ブイヨン(お湯で溶かす)+水を3合分のメモリまで入れ、

 塩・お酒、最後にオリーブオイルを入れ、さえ箸でぐるぐる混ぜる。

 (オリーブオイルを分散させる感じです。)

 

 ④最後にむかごを投入し、スイッチONです。

 

 ⑤炊き上がったらきちんと蒸らし、ほっくり混ぜ器に盛って出来上がり!

 (今回三つ葉を散らしてみました。)

 

 なんとここまで包丁要らず!アウトドアにもおススメです!!

 

 オリーブオイルで膜を貼ったおかげでしょうか…ほっくりもっちり感がUPしたように感じます。

 

 それから黒糖ですが、普通のお砂糖と違い料理に使うと、甘味よりコクが増します。

 

 むかごは今が旬!お急ぎください!!

 むかごのアヒージョもオススメです。

 お好きなオリーブオイルでお楽しみください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

line2
【リゼルヴァ】に合うレシピ リゼルヴァ250ml初搾り(ノヴェッロ)2018年!】nobuyaに入荷しました!
line1

こんにちは!

 

nobuyaの中島 宜明です。

 

【リゼルヴァ250ml初搾り(ノヴェッロ)2018年】nobuyaに予定より早く、今日入荷しました!

 

産地はイタリアのシチリア州で9月末~10月中旬の間に収穫された超早摘みのグリーンオリーブ、

トンダ・イブレア種100%で作られています。

 

青リンゴとトマトの香り、キレのある爽やかな辛みが特徴です!

 

フィルターをかけ高品質が持続でき、最後まで安心して召し上がれます。

 

早速、味見をしてみました。

 

最初にフルーティーな味がして、次にマイルド、最後に超早摘みの独特のキレのある爽やかな辛味がしました。

 

まさに、➀青リンゴ②トマト③辛味、という順番で口の中でオリーブオイルの味が楽しめます。

 

昨年のリゼルヴァ250ml初搾り(ノヴェッロ)は最初にフルーティー、最後に辛味でした。

 

今年のリゼルヴァ250ml初搾り(ノヴェッロ)は昨年よりさほど辛味が少なく味のバランスが、とても良いです。

 

このタイプですとオールマイティーに使えますね

 

今日のランチにペペロンチーノを作り、仕上げにかけてみました!

 

パスタの小麦本来の味を引き出し、ほのかにトマトと辛味が感じられ、まるでシチリアに行った気分にさせられます!

 

オリーブオイルベースのパスタの仕上げにかけると美味しいです。

 

あと・・・

サラダにかけたり

お刺身をカルパッチョ風にしたり

 

 

 

年に一度の、この時期だけの味わい。

 

ぜひご賞味ください!!

数量限定販売です!

リゼルヴァ初搾り2018年の詳細はこちらから↓↓ご覧頂けます。

https://www.kamakura-nobuya.jp/2018/10/19/3662/

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

line2
【リゼルヴァ】に合うレシピ【yosoiki…鯛の昆布〆カルパッチョ】
line1

こんにちは。

 

nobuyaの中島 宣明です。

 

先日、夕方スーパーに行ったらお刺身用の鯛がタイムセールに!

 

今日は食べないけど…と思った時、私は昆布〆にしてしまいます。

 

少し長めに寝かすと、水分が程よく抜けて、生ハムのような滑らかなねばりと弾力が生まれます。

 

いつもの昆布〆を今回は「yosoiki(よそ行き)」にアレンジしてみました。

 

週末のお酒のアテに仕込んでみませんか?

 

【yosoiki…鯛の昆布〆カルパッチョ】

(材料)

*お刺身用鯛(スズキ、イサキ、カンパチ等。)

*ルッコラ

*昆布

*ローズマリー

*日本酒

*塩(粒子の細かい天然塩がオススメです。)

*オリーブオイル(リゼルヴァ)

*塩

*すし酢(酸っぱいのが苦手な方は、少しはちみつを混ぜるのがオススメです。)

 

①鯛の昆布〆を作ります。

1.鯛のさくに塩を振り、30分ほど冷蔵庫で寝かせます。

2.昆布にお酒を振り、少し柔らかくなるまで置きます。

3.鯛から出た水分をペーパータオルでしっかり押さえます。

4.昆布も同様に、水分を押さえます。

5.昆布に塩(通常の昆布〆より少し多めの量)を振り、更にローズマリーも散らします。

6.昆布で鯛を挟み、しっかりラップで包み冷蔵庫で寝かせます。

※私は、3~4日くらいのしっかり浸かった物が好みです

 

②仕上げ

1.鯛は少々薄くそぎ切りにします。

2.ルッコラの葉はざく切り、茎は斜めに切ります。

3.適当に盛り付け、軽く塩とすし酢を振ります。

4.最後にオリーブオイルを回しかけます。

※今回は「リゼルヴァ2017」を使用。そろそろ入荷の「リゼルヴァの初搾り2018」にも合うかと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

line2