colum_img

オリーブオイルの成分と脂肪酸

line1

こんにちは!

 

nobuyaの中島 宜明です。

 

鎌倉は春の訪れを

 

感じる陽気でした!

 

今日はオリーブオイル

【成分】【脂肪酸】について

少々・・・

2016/9/52017/6/14のコラムを

まとめてみました。

 

【成分】

オリーブオイルには100g中

1~2gの中に300種類以上の

微量成分を含んでいます。

その微量成分のうち

抗酸化成分として

知られているのが

ビタミンA、Bカロチン、

クロロフィル、ビタミンE、

ビタミンD、

ポリフェノール等です。

抗酸化成分は酸化を

くいとめる働きがあり、

ビタミンEはポリフェノールと

共にとると

強力な抗酸化力を発揮します。

抗酸化成分は120度ぐらいの

加熱調理であれば破壊されず

かなり安定して残ります。

 

脂肪酸

主にオレイン酸

(一価不飽和脂肪酸 

オメガ9)が

オリーブオイルに約70%

含まれます。

理想摂取比は約40%です。

特に早摘みの

EXV(エクストラバージン)

オリーブオイル場合

抗酸化成分のビタミンEや

ポリフェノールを

たっぷり含み

酸化しにくいです。

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございます。

line2