colum_img

初搾り(ノヴェッロ)2018年【コンタルディ】の生産地、生産者のご紹介です。

line1

こんにちは。

nobuyaの中島 宣明です。

今日の鎌倉は12月とは思えない暖かさです。

今日は初搾り(ノヴェッロ)2018年【コンタルディ】の生産地、生産者のご紹介です。

イタリア中部マルケ州。

ミラノやナポリといった大都市の喧騒から離れ、中世の雰囲気を残す芸術と歴史を誇る町や村が

250も点在します。

その一つ、サン・ロレンツィ・イン・カンポ村で1940年から家族経営を続けているのが

【コンタルディ社】です。

オリーブ畑は製造工場から車で45分ほど、FANO(ファーノ)という海の町の近くにあり、

一面どこを見渡してもオリーブの木でいっぱいです。

いつまでも見続けたい素敵な景色です。

オリーブの生育に大事な気候、土地ともに最高の条件で上質なオリーブが採れる素晴らしい場所です。

自社農園で朝摘みのオリーブをその日のうちにコールドプレス。

最新鋭の真空脱気システムを使うことでオリーブの酸化を最小限に抑えることが実現できます。

収穫時期になると、近所のオリーブ畑を持っている人達が、自分たちのオリーブをどっさり持って

工場内が賑わいます。

そのオリーブでオイルを作ってもらう為です。

【コンタルディ社】の丁寧な仕事と高性能な機械により生産される高品質なオイルは

地元の人たちからも信頼されております。

そんな本場イタリアで認められ、愛されている、品質の良い美味しいオリーブオイルを

自信をもってお届けします。

コンタルディ250ml初搾り(ノヴェッロ)2018年】は10月初旬から中旬が収穫時期でした。

数量限定販売です!

ご購入はこちらから受付中です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

line2