colum_img

【リゼルヴァ】(フルーティー系)に合うレシピ【yosoiki…鯛の昆布〆カルパッチョ】

line1

こんにちは。

 

nobuyaの中島 宣明です。

 

先日、夕方スーパーに行ったらお刺身用の鯛がタイムセールに!

 

今日は食べないけど…と思った時、私は昆布〆にしてしまいます。

 

少し長めに寝かすと、水分が程よく抜けて、生ハムのような滑らかなねばりと弾力が生まれます。

 

いつもの昆布〆を今回は「yosoiki(よそ行き)」にアレンジしてみました。

 

週末のお酒のアテに仕込んでみませんか?

 

【yosoiki…鯛の昆布〆カルパッチョ】

(材料)

*お刺身用鯛(スズキ、イサキ、カンパチ等。)

*ルッコラ

*昆布

*ローズマリー

*日本酒

*塩(粒子の細かい天然塩がオススメです。)

*リゼルヴァオリーブオイル

*塩

*すし酢(酸っぱいのが苦手な方は、少しはちみつを混ぜるのがオススメです。)

 

①鯛の昆布〆を作ります。

1.鯛のさくに塩を振り、30分ほど冷蔵庫で寝かせます。

2.昆布にお酒を振り、少し柔らかくなるまで置きます。

3.鯛から出た水分をペーパータオルでしっかり押さえます。

4.昆布も同様に、水分を押さえます。

5.昆布に塩(通常の昆布〆より少し多めの量)を振り、更にローズマリーも散らします。

6.昆布で鯛を挟み、しっかりラップで包み冷蔵庫で寝かせます。

※私は、3~4日くらいのしっかり浸かった物が好みです

 

②仕上げ

1.鯛は少々薄くそぎ切りにします。

2.ルッコラの葉はざく切り、茎は斜めに切ります。

3.適当に盛り付け、軽く塩とすし酢を振ります。

4.最後にオリーブオイルを回しかけます。

※今回は「リゼルヴァ2017」を使用。そろそろ入荷の「リゼルヴァの初搾り2018」にも合うかと思います。

 

オリーブオイルレシピ」募集中です。

 

「お問い合わせ」からレシピ投稿いただけます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

line2