コンタルディ

oliveoil-003

【コンタルディ250ml】”青々しくフレッシュな香り”

(oliveoil-003)

口に含んだ瞬間から太陽の芳醇な味わいを感じるオリーブオイル。青々しくフレッシュな香りと新鮮さが魅力です。

日本まで航空便で輸送!

主な受賞歴

2015年
「Medusa」授与
2014年
「L’ORO DELLE MARCHE賞」「L’ORO DITALIA賞」「ERCOLE OLIVARIO賞」など数々の金賞受賞

風味

mild

オイルに合う料理

緑黄色野菜、キュウリのバケット、玉ねぎ、肉料理。トマトソース系のパスタやカルボナーラにかけると絶品です!あと納豆やウニにも合い、和食との相性も抜群です!

レシピはこちらから⇒https://www.kamakura-nobuya.jp/category/colum/recipe/recipe-contardi/

賞味期限

2019年5月30日

商品プロフィール

産地 italy_-localityマルケ州
生産者 コンタルディ社
品種 レッチーノ、フラントイオ、ラッジャ
酸度 0.14%
収穫 機械式
搾油 収穫後2時間以内に20℃の低温でコールドプレス法を採用した、最新の遠心分離機による搾油直後、フィルタリング。練り込み時、水を加えない2段階方式。
オーガニック

オリーブオイルのことば

【エクストラバージン】

オリーブの果実を搾っただけで、いっさい化学的加工をしてなく、香り・風味が良く美味しいです。

酸度0.8%以下。

【酸度】

オイルは脂肪酸とグリセリンが結びついたものですが、脂肪酸の一部はグリセリンと結びつかず、果実のまま放っておくと結合が解けてしまいます。

この状態を遊離といい何%の脂肪酸が、その状態であるかを示す数値を酸度といいます。

数値が低ければ酸化しにくく安定したオイルと言えます。

【手摘み】

オリーブの果実の状態を確かめながら、傷をつけないように摘みます。果実は、いったん傷つくと、そこから酸化や発酵が始まりオイルの品質があっという間に落ちてしまいます。

オリーブオイルのコストの約80%は人件費と言われ、その収穫のコストをもっとも手間暇かけて行うのが、手摘みです。

【機械式】

オリーブの樹にやさしい機械による振動で、人件費を省きながら落とす方法です。

【コールドプレス法】

27℃以下の温度を保って搾ったオイルの製法です。熱をかけすぎるとオイルが変質しやすいです。

【遠心分離機】

オリーブの実の粉砕から油の分離まで連続で行う機械です。

現在オリーブオイルの約80%が遠心分離機で製法されています。

【2段方式】

オリーブを粉砕後、オリーブのペーストを練り込む工程があります。オイルとオリーブに含まれている水分を分離し易くします。その時に、水を一切加えないで練り込む非常に高い技術レベルの方式です。

この方式ですとオリーブ本来の、香りや味わいなどの特性を最大限に引き出し、ポリフェノールなどの数値の高いオイルができると言われてます。

注)輸入商品につき予告無しで、瓶の形状、ラベルの変更等、ございます。ご了承くださいませ。

複数の配送先をご希望のお客様は、お手数ですがnobuya【お問い合せ】より「お届け先」「商品名」「数量」等を明記の上、ご注文ください。nobuya【お問い合せ】

250ml
在庫状態 : 在庫有り
¥2,290(税込)
数量